就活生よ!リクルートスーツは着るな!


AL101_natuin0120140830001

どうも、名ばかりDirectorのTAJIです。

本日は就活生に送るテーマとなっています。
「就活生よ、リクルートスーツは着るな」である。
早速行ってみよう。

Q、リクルートスーツは着た方がいいのか。

A,着ないでよい。
実際に私は就職活動中、一度たりともリクルートスーツを着ていない。
(そもそもリクルートスーツってなんなんだ⇒ブラックスーツの事です。)
しかし内定率は100%である。
これにより、リクルートスーツを着た方が良いという見解は真っ向から否定できることになる!

採用ページに「スーツ着用」と書いてあります。

それは素直にスーツを着て行こう。
また下記の項目に当てはまる学生は素直にスーツを着よう。笑

  • 金融業界志望
  • 入社後の通常着がスーツ
  • その他お堅い系の企業志望

 
逆に考えると、働いている社員さんが私服の企業は学生も私服でいいということになる。
入社後、私服なのに何故カチカチのブラックスーツを着て就活に挑むのか理解に苦しむ。

私服はどんな格好がおすすめ?

「面接には私服で構いません」
と記述してあるからといってダメージジーンズはNGである。(ファッション業界なら別)
ここはTPOをちゃんと弁えてるか、を見られている。
この場合、私はジャケパンをお勧めする!(笑)
ジャケパンはこんな感じである。

2254

入社後も、休日でさえもジャケパンは万能である。
合コンいったらモテますよ!
タジはジャケ☆パン至上主義である。

まとめ

話が脱線してしまったが、周りの就活生を見てみると、大体がブラックスーツである。
就活を誰がブラックスーツで行えと言ったのか。
私は人材系の仕事をしていたので様々な企業の採用担当者に聞きましたが、黒でなければダメだという回答はありませんでしたよ。

しかも興味深い事に昔はリクルートスーツといえば、濃紺かグレーでした。
2001年頃から黒が目立ち始め、2003年には黒が主流となりました。
現在ではリクルートスーツの約9割は黒とのこと。

この裏にはメディアの影響がデカいと私は睨んでおります。
みなさん、注意してください!
新聞、TVニュースだけが正規の情報とは限らないのです!(笑)
そもそもデキるビジネスマンの正装は、グレースーツにブルーのシャツでございやす!

ここまでブラックスーツをディスるとスーツ屋さんから怒られそうなのでブラックスーツのいいところを一つ。
それは、冠婚葬祭で使える!!!ドンッ!
これくらいですね。
私もブラックスーツを持っていますが、本当に使う機会がないです。

ですから、就活用にスーツを買うのではなく、観光葬祭用として買うべきなのです!
リクルートスーツなんてものは御座いません!
ご自身が映えるスールを選んでください!
使いやすいネイビー、グレーあたりがオススメです。

とある人事が申していました。
「学生全員、同じスーツ・同じ髪型でどこを見ればいいか正直分からない。」
これは人事の方のレベルが低いのではなく、企業側/採用側のホンネです。

あの短い時間で学生の個性を引き出すのがお前さんの仕事じゃろ!
と学生さんから言われそうですが、それは難しいですね。
だから学歴で見てしまいます。
アンチ学歴主義の私でも、これに関してはしょうがないのでは。とも思ってしまいます。

ならばどこで主張するか。
私ならまずは見た目、一番面積を擁する服装から主張していきますね。

私は面接でチェックシャツに紫のニットタイでした。
これはド派手に行け!というものではなくあくまで単純です。
私が実践した例を下記に記載するので、学生は是非実践してください!

  • 企業のコーポレートカラーをテーマにスタイリング
  • 説明会から最終面接まで同じ服装で
  • お堅い系ならネクタイだけでも派手に!

これらを実践することで、採用担当者/関係者から覚えられること間違いなし!

結論、就職活動においてスーツの色に決まりはない!
企業側が自由というなら攻めてゆけ、学生よ!!!

以上、IT系志望のTAJIでした。